うさぎのうー🐰のぶろぐ 

ハワイ・ビーガン・スピリチュアル・本質の自分に戻り宇宙意識で生きる 1人で歩く目醒め・アセンションへの道

学校に行かないという選択 続き 自分の道を歩く

f:id:yukkopen1108:20190226153357j:plain

 

こんにちは。

うー🐰です。

 

少し前に書いた記事

「学校に行かないという選択」に

素敵なコメントをいただきました。

 

 

記事はこちら ↓

 

simple-and-natural-life.hatenablog.com

 

 

いただいたコメントがこちら ↓

 

私の話で恐縮なのですが、昨年春まで学校現場にいました。
 毎年、不登校の子も数人必ず見られましたが、どの子もいい個性の持ち主ばかりで、学校に来たときは、話もよくしてくれました。
 不登校の原因は、様々ですがどの子も学力が心配というのが共通してありました。
本人自身も自分の学力について悩んでいる生徒には、”フリースクール通信制高校のような所もあるよ。学ぶということは、どのような学校でもできるから心配ない。また、通信制だから普通の学校より特殊な学校とか、学ぶレベルが低いとかそんなことは全然ないから大丈夫。・・・”と相談に乗ったりしていたこともしばしば。
 みんなどの子も、個性に合った学び方で良いと思います。 

 

 

コメントを下さったのはボイジャーさん ↓

 

boyager.hatenablog.com

 

 

ボイジャーさんのコメントが素敵だなぁって思ったのは

子供たちの外側ではなく、内側を見て

付き合っていたんだなぁっていうのが感じられるからです。

 

 

きっと、学校に来ない子供たちだけでなく

普通に通ってくる子供たちにも

その子の外側ではなく、内面を見て、感じて

接していたんだろうなぁって思います。

 

 

 

 

ボイジャーさんのコメントで

 

 

通信制の学校が特殊だとか、レベルが低いということはない!!

 

 

とあるけど、私自身もそう思います。

 

 

私は30歳の頃、児童カウンセラーになろうと思っていて

放送大学通信制の大学)に入って

心理学を勉強しました。

 

そして、優秀な成績で卒業して

しっかり卒業式にも出席しました。

(*´∀`)♪

 

短大の時とは大違いです。 笑

 

 

だからというわけではないですが

自分が学びたいと思った時が

学ぶことに一番適した時期

 

 

その時に学びたいと思ったものが

自分の人生にとって一番必要なこと

なのではないかなぁと、思ったりします。

 

 

ボイジャーさんは、今は専業主夫として

自宅で家事、そして子育てを中心に生活をされているそうです。

 

 

その決心や、姿や、あり方も

 

「生き方は1つじゃない。価値観は1つではない。」

 

という事を、無言で伝えているような気がして

すごいなぁと思います。

 

 

大人が、自分にとって本当にしたいことに向かって

まっすぐに自分の道を歩く姿を見せることが

一番子供のためになるんじゃないかと思ったりします。

 

 

 

話は飛びますが、私の地元には

サッカーのプロチームがあって

週末になるとよくスタジアムに観戦に行っていました。

 

 

当時、私は学童保育で働いていて

さまざまな課題を抱えた子供達が通ってきていました。

その子たちのサポートをしたいと思ったのが

児童カウンセラーになろうと思ったきっかけでした。

 

 

でも、ある日

課題を抱えていた子供たちは

自力でその課題を超え始めました。

 

 

その子たちに共通していたのは

ほぼ毎回サッカー観戦に行っていたことでした。

 

 

倒されても走る

負けていても走る

先制されたとしても諦めない

 

 

必死になってサッカーのグラウンドを走る

サッカー選手達の姿は

生きていく上で大切な事を

無言で子供達に伝えていたんだなぁって思いました。

 

 

それと同時に

子供達1人1人の中に

無限の可能性が広がっているんだという事に

気づいた瞬間でもあって

 

助けてあげたいとか

サポートしてあげたいとか

〜してあげたいって思っていた私の思いは

ただのエゴでしかなかったなぁとも感じました。

 

 

気がついたら

いろんな事を子供達から

教えられていたのは私の方でした。

 

 

どんどん変化を重ねていく

子供達を見ながら

 

私自身が本当にやりたいことに

真正面から取り組んでいくことが

一番大切なんじゃないかと思うようになりました。

 

 

私がハワイへと移住することになった

きっかけの1つでもあります。

 

 

 

 

当時の私の決断が何かを伝えたかどうかはわからないけど

一緒にたくさんの時間を過ごした子供達に、心からの感謝を❤️

 

そして、自分の道を生きることの大切さを

改めて思い出させてくれたボイジャーさんにたくさんの感謝を✨

 

 

 

とりとめのないブログになっちゃいましたが

最後まで読んでくれてありがとう(^_−)−☆

ラスベガスからたくさんの愛を送ります!!