うさぎのうー🐰のぶろぐ 

ハワイ・ビーガン・スピリチュアル・本質の自分に戻り宇宙意識で生きる 1人で歩く目醒め・アセンションへの道

Love is eternal. ラスベガスでシルクドソレイユ観劇 ズーマニティ

f:id:yukkopen1108:20190225150302j:plain

 

ラスベガスに来ています🎢

 

私は、おもちゃ箱をひっくり返したような

ラスベガスの街が大好きです。

 

虚構の世界の裏には

たくさんの真実が転がっていて

それを見つけるたびにワクワクします。

 

夕飯を買いに出かけて

フラフラ歩いていたら

シルクドソレイユの「ズーマニティ」の看板が何度も目に入るので

そのままボックスオフィスに行くと

ちょうどショーが始まる直前だったので

観てきました✨

 

 

 

はっきり言って

 

すごい!!

 

感動しました。

 

 

人が目を背けがちなテーマを

真正面からぶっこんできたなって感じです。

 

 

私はシルクドソレイユのショーは

どれも「愛」をテーマにしているなぁって思っているのですが

特にこの「ズーマニティー」では

それをより具体的に表現してきたなと感じました。

 

 

「愛」を語る時に避けては通れない

セックス(行為としてのセックスと、ジェンダーとしてのセックス)を

とても美しく表現して見せたなぁって感じです。

 

 

愛するという行為に性別や人種などの境界はなく

愛し合う行為(セックス)は美しく

そして人の体は美しい。

そんなメッセージがたくさん込められた舞台でした♡

 

 

パフォーマーは、全裸に近い衣装でパフォーマンスをするので

パフォーマーの動きに合わせて、よりリアルに

肉体の美しさを観ることができます。

 

しかし、ほぼ全裸でのパフォーマンスを

よくパフォーマー達が納得したなぁと。

そこも、すごい!!と思う理由の1つでもあります。

 

女性はぼぼトップレスでのパフォーマンスなので

観る人によっては、ただのストリップに感じてしまうかもしれません。

 

でもね、本当に美しいのです。

 

 

特に、女性のオルガズムを表現したパートは圧巻でした!!

 

 

パフォーマーの表現

音楽

ライティング

そのシーンを構成している全てが素晴らしかったです。

 

詳細は書きません。笑

自分の目で観て確かめてください(^_−)−☆

 

 

しかし、アートの世界でセックスをモチーフとして愛を表現しようとした時

その表現を誤解されることや批判されることへの

リスクが出てくると思うんだけど、

そこを恐れずというか、超越して1つのショーを作りあげてくるところは

 

本当にすごい!!

 

 

セックスって人々が織りなす芸術ですよね〜!!

 

 

 

今年は、私自身、もっとそこに突っ込んで

作品撮りしてみるかな〜。

なんて、思っちゃいました。

 

 

www.cirquedusoleil.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

 

劇場はホテル「ニューヨーク ニューヨーク」の中です。

 

 

 

ショー全体は

コメディーショーのような側面や

ストリップショーのような部分もあります。

 

なので、アメリカンジョークが好きではない方や

セックスに対して肯定的なイメージのない方は

このショーを見ても楽しめないかもしれませんので

ご注意くださいね。

 

 

ではでは皆さま、素敵な1週間をお過ごしください!!

ラスベガスから愛を込めて〜♡

最後まで、お付き合いありがとうございます🌇✨